DHAプラスEPAプラスDPAの成分や効果、口コミや評価も一挙にご紹介します

毎日の健康を保つためにサプリメントを習慣に取り入れる方が増えてきました。
その中でも注目を集めている「DHAプラスEPAプラスDPA」についてご紹介します。
直接飲んで体に取り入れるものですから、どんな特徴があってどんな成分が含まれているのか、どんな効果をもたらすのか確認しておくと安心でしょう。

▼1日に必要な量をしっかり補えるDHAサプリ▼

DHAプラスEPAプラスDPAの成分や効果、口コミや評価も一挙にご紹介

そもそもDHAやEPAはどんな成分なのか

テレビコマーシャルや新聞の折り込みチラシなどでもよく見かけるワードなので、なんとなくその成分のことはわかっているという方も多いでしょう。
改めて「DHAプラスEPAプラスDPA」を飲む前におさらいの意味を含めて成分をご紹介していきます。

 

DHAもEPAもどちらも青魚にたくさん含まれている成分として知られています。
DHA頭が良くなる成分として、EPAサラサラ成分として注目されています。
ちなみに厚生労働省が推奨している成人の摂取量は1日1gと言われているので、そのぐらいの量だったら難なく食べているはずと答える方も少なくありません。

 

1日1gのDHAやEPAは焼き魚1匹や、お刺身で5切れと言われています。
その量なら食べていると勘違いしていませんか?

 

毎日食べ続けることで必要摂取量をクリアできますが、現代人はどうしても肉食の食事が多くなりがちです。
そのため、毎日青魚を1匹食べているという方は非常に少なく、トータルするとDHAやEPAの推奨摂取量は不足していることになります。

 

そこで多くの方が頼りにしているのがサプリメントです。
特に「DHAプラスEPAプラスDPA」は口コミなどを見ても注目度の高いタイプのサプリでしょう。

サラサラ成分が豊富な青魚サプリは?

DHA・EPAサプリはたくさんありますから、どれを選んでいいのか分からないですよね。
そもそも、何を基準にすれば良いのか迷ってしまいます。

 

せっかくお金を出すのですから、より効果が感じられるものを求めたいでしょう。
最近は年代に関わらず健康に対する意識が高い人も増えてきていますし、老若男女使用できるサプリを選びたいですね。

▼「青魚サプリ」の効果・コスト別ランキングで紹介していますので、ぜひ参考にしてください!▼

DHAプラスEPAプラスDPAの成分や効果、口コミや評価も一挙にご紹介

>>青魚サプリのサラサラパワーを詳しく知りたい方はコチラから<<

DHAやEPAの摂取量は年々減っている

DHAプラスEPAプラスDPAの成分や効果、口コミや評価も一挙にご紹介

年齢や性別問わず、誰もが忙しい毎日を送っています。
時間に追われる毎日ですから、1日3食をバランスよく食べ続けることはとても難しいでしょう。

 

健康志向が高い方が増えているのは間違いないのですが、特に魚料理は手間がかかります。
下処理が必要ですし肉料理に比べると調理に手間も時間もかかるため忙しい現代人にはなかなか手が出ないのが現状です。

 

そしてあまり知られていないですが、調理の方法によって大事なDHAやEPAが減ってしまう場合があるのです。
例えば野菜などはお湯でゆでると栄養が流れ出てしまうため電子レンジで火を通したほうがいいという話は浸透してきましたが、魚の調理に関してはまだまだ広まっていません。

例えば・・・

  魚グリルで焼いた場合

DHAやEPAがおよそ20%減少

  挙げる場合

DHAやEPAがおよそ50%減少

もともと食べる機会が少ないうえに、普段の調理法では栄養が減ってしまうわけですから、1日に必要な摂取量に足りないのは当たり前のことと言えるでしょう。
しっかり食べているつもりなのに栄養が不足したりバランスが取れていないのは、もしかしたら調理法に問題があるかもしれません。

 

だからといって毎日生魚を食べるわけにはいきませんから、不足する分は「DHAプラスEPAプラスDPA」で補い、その効果を体感しているという方も増えているのは口コミでも話題になっています。

実は摂りすぎも危ないってホント?

DHAプラスEPAプラスDPAの成分や効果、口コミや評価も一挙にご紹介

1日に必要な栄養はどんどん摂りたい、これは誰もが考えることでしょう。
バランスのいい栄養を取り続けることと、体にいいものをたくさん摂ればそれだけ健康になれるという考え方はひょっとしたら危ないかもしれません。

 

なぜなら摂りすぎることで体に不調が表れてしまう可能性があるためです。
例えば今回お話ししているDHAやEPAについて、お魚にたくさん含まれているのは皆さんご存知の通りですが、実はお魚以外にも含まれています。
食べることは体の基本を作ることなので、ぜひ覚えておいてください。

 

DHAやEPAに関して言うと、厚生労働省が公表した1日の摂取量基準を見ると世代問わずおよそ半分が不足していると言われています。
1日推奨量が1gですから、およそ0.5gが不足していることになります。
これをサプリで補えばいいのですが、先ほど話したように魚や野菜から摂取できるため、半分は不足していると言っても実際はサプリで必要以上に補ってしまう可能性が出てきます。

 

DHAやEPAの過剰摂取は血が固まりにくくなってしまうため、傷がふさがりにくいという現象が起きてしまいます。
血液がサラサラになることは健康のためにいいことですが、それが過剰になると危険というわけです。

 

ちなみに過剰摂取の目安は1日に3gと言われているので、食事だけで過剰に摂取してしまう危険性はほとんどありません。
「DHAプラスEPAプラスDPA」の成分や効果が注目されているのは、1日に不足しがちな必要量だけを補うことが出来るためなのです。

「DHAプラスEPAプラスDPA」の特徴はDPAが配合されていること

DHAプラスEPAプラスDPAの成分や効果、口コミや評価も一挙にご紹介

「DHAプラスEPAプラスDPA」がどうしてここまで注目を集めているのかというと、過剰摂取を防ぐために必要量だけを摂取できるだけでなく、「DPA」という成分も含まれているためです。

 

ドコサペンタエン酸の略ですが、DHAやEPAと並んでオメガ3系の脂肪酸に分類されます。
アザラシの脂に含まれているのですが、野菜や穀物が育たない地域で暮らしているイヌイット族がアザラシやトナカイなどの肉を主食として食べています。
野菜や穀物が不足しているのにも関わらず、生活習慣病を患う人が少ないことが着目されて研究にいたりました。
そのなかで、DPAという成分が注目され始めたのです。

 

さすがにアザラシを食べる習慣がない日本人には直接摂取するのは難しいため、「DHAプラスEPAプラスDPA」に含まれているDPAが非常に貴重な成分であることはお分かりいただけたでしょうか。

毎日続けている方の口コミをご紹介

DHAプラスEPAプラスDPAの成分や効果、口コミや評価も一挙にご紹介

実は子供のころから青魚が苦手で、食べるとしたら缶詰ぐらいでした。
それでも好んで食べるほうではなかったので明らかにDHAやEPAが不足していることは自覚していました。
このままでは成人病が怖いと思い知人の勧めで口コミで高い評価を得ていたDHAプラスEPAプラスDPAを続けています
不足している分だけ補ってくれるので過剰摂取の心配もなく安心しています。

DHAプラスEPAプラスDPAの成分や効果、口コミや評価も一挙にご紹介

男の一人暮らしで栄養が大きく偏っているのはわかり切っていました。
まだまだ若いからと考えていたところ風邪をひきやすくなったり体調を崩しやすくなってしまいました。

 

さらに中年に差し掛かり中年太りが気になるようになってからこのままではダメだと思い、初めて口コミで話題になっていたサプリを取り入れるようにしました。
DHAプラスEPAプラスDPAを選んだ理由は、必要量を飲み続けることが出来るという点です。
いくら体にいいサプリでも必要以上に摂取することで体調不良になったのでは意味がありませんから

DHAプラスEPAプラスDPAの成分や効果、口コミや評価も一挙にご紹介

雑誌で取り上げられていたDPAという成分に関心があり、その効果はどんなものなのだろうかとDHAプラスEPAプラスDPAを飲み始めました。
選んだきっかけは口コミで評判になっていたことです。

 

医薬品とは違って飲み続けることで効果を体感できるということですが、私は中性脂肪の値が気になっていたためこれからどう数値が変化していくのか楽しみです。

お得に購入するなら公式サイトがおすすめ

DHAプラスEPAプラスDPAの成分や効果、口コミや評価も一挙にご紹介

今はネット通販を利用している方も増えていますが、「DHAプラスEPAプラスDPA」は公式サイトで購入したほうがお得です。
公式サイトでは単品購入もできますが、定期購入を申し込むとお得に買い続けることが出来るのです。

1ヶ月に1回1箱
送料無料税込み680円
2ヶ月に1回2箱
送料無料税込み2,562円(680円+1,882円)
3ヶ月に1回3箱
送料無料税込み4,314円(680円+1,817円×2箱)

それも初回限定300円クーポンも利用できます。
一番お得なプランは3ヶ月に1回3箱届けられるタイプなので、ストックが常にあるという安心感もあります。

 

>>【厳選】青魚サプリおすすめランキングはこちらから<<