アラキドン酸とは!人間に必要なアラキドン酸

アラキドン酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

人として健康に生きていくために、毎日食べるものから必要な栄養素をバランスよく摂りいれる必要があります。必要不可欠な栄養素はたくさんありますが、その中のひとつが「アラキドン酸」です。

 

ARAと呼ばれる栄養素ですが、なぜアラキドン酸が人間にとってなくてはならない栄養素なのか、その理由を紐解いていきましょう。

アラキドン酸の正体

必須脂肪酸のひとつ

アラキドン酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

アラキドン酸は主に、卵やレバー、肉、魚介類に多く含まれています。
アラキドン酸は体の中では生成できないので、食べ物から摂取する必要があります。

 

アラキドン酸は必須脂肪酸の1つで、わたし達のカラダに必要不可欠な栄養素の1つです。
不飽和脂肪酸の一種で、ビタミンFと呼ばれています。

過剰摂取は要注意

アラキドン酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

先ほど話したように、肉にもアラキドン酸は含まれています。
近年日本では、食事が欧米化してきたことによって肉料理を好む傾向が高くなりました。

 

そのため、必然的にアラキドン酸の摂取量も増えてきたわけです。
他の栄養素同様、過剰摂取は体に大きな負担をかけ、さまざまな症状が現れてしまいます。
そのため必要だからと、一日推奨摂取量以上を毎日取り続けることはおすすめできません。

 

目安として例えば、

ダイエットなどを目的に肉料理をまったく食べない

マヨネーズや卵などコレステロール値が気になるからまったくとらない

というのはアラキドン酸をまったく摂取していないため体に必要な栄養素が不足します。

 

極端な話をすればそれらの食材を一切口にしないという過激なダイエットを実践しない限り不足することはありません。
同時に、肉料理に偏りすぎると過剰摂取になる可能性が否めません。
過剰摂取は成人病を加速させる可能性があるため、毎日バランスの取れた食事を意識することが大切です。

食事やサプリから手軽に摂りいれよう

アラキドン酸を含む食品

アラキドン酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

特に豊富に含んでいるのは、以下のような動物性の食品です。

  • 肉類
  • レバー
  • 青魚類

これらは普段よく口にするものなので、アラキドン酸が不足する心配はいりません。
逆に、とりすぎには注意が必要です。
一日三食すべて肉料理は、肉料理を取りすぎです。
また逆に三食すべて野菜料理ではアラキドン酸の摂取がゼロなので、こちらも体には負担をかけてしまいます。
毎日の食事でバランスよく栄養を補うことがいかに大切か、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

アラキドン酸とDHA・EPAの関係性

アラキドン酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

アラキドン酸の話をするときに忘れてならないのがDHA・EPAです。
DHAはドコサヘキサエン酸で、EPAはエイコサペンタエン酸のことです。
これらはどちらが欠けても体の中でしっかり働いてくれない重要な存在なのです。

 

そのためアラキドン酸を摂取するときはDHA・EPAも忘れずに、逆にDHA・EPAを摂るときはアラキドン酸を忘れずに、と言われるほどです。
ちなみに、

アラキドン酸はオメガ6脂肪酸

DHA・EPAはオメガ3脂肪酸

に分類されていて、どちらもさらさらした脂で固まりにくい不飽和脂肪酸の一種です。
脂は体に悪いというイメージを持っている方がまだまだいますが、体にプラスになる脂もあることを覚えておきましょう。

 

サプリなら手軽に摂取が可能になる

アラキドン酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

健康補助食品のひとつサプリメントですが、日本全体で健康志向が高まっている今、日常生活にサプリを取り入れている人が増えてきました。
健康的な生活のために、サプリをうまく利用しているのです。

 

今回お話しているアラキドン酸やDHA・EPAをバランスよく摂取したいなら、サントリー「オメガエイド(機能性表示食品)」をおすすめします。

 

こちらのサプリには、アラキドン酸、DHA・EPAがバランスよく配合されていて、食事で補いきれない分をしっかり補給できます。薬とは違い栄養補助食品なので、安心して飲み続けられるのは大きなメリットではないでしょうか。

 

>>【厳選】青魚サプリおすすめランキングはこちらから<<