オメガ6脂肪酸とは!オメガ3脂肪酸との絶妙なバランスが必要不可欠

オメガ6脂肪酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

油を摂り過ぎると体に悪影響を及ぼすことは分かっています。
余分な脂肪が体の悪影響になりがちです。

 

ところが、油は決して悪いものとは限りません。
その鍵を握るひとつが「オメガ6脂肪酸」なのです。

オメガ6脂肪酸の影響とは

オメガ6脂肪酸とは

そもそも脂肪酸とは、炭素・酵素・水素の三つの分子が結合することで生まれます。
また結合の仕方によって、さらに分類されることが分かっています。
脂は大きく分けて

動物性の飽和脂肪酸

植物性の不飽和脂肪酸

に分けられます。
不和脂肪酸はさらに一価不和脂肪酸と、多価不飽和脂肪酸に分かれます。
オメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸はこの多価不飽和脂肪酸に分類されます。

 

油のとりすぎは危険ですが、体にいい油もたくさんあります。
そのひとつがオメガ6脂肪酸で、必須脂肪酸とも呼ばれています。

 

ネーミングからも分かるように、私たち人間の体にとって「必ず必要なもの」と言われています。
なぜならば、この栄養素は体の中で作ることができないため、体の外から摂りいれることが必要不可欠だからです。
一日の摂取量としてはそれほど多くないため、手軽に摂り入れられると安易に思われがちですが、だからこそ見逃しがちな栄養素と言えます。

一日に必要な摂取量

20歳以上の成人の場合、オメガ6のおよその一日摂取量は

  • 男性の場合11g
  • 女性の場合8g

と言われています。
軽量スプーンの大さじが15gですから、それを踏まえて考えるとそれほど多い量ではないことが分かります。
逆を言えばこれ以上の量を摂ってしまうと、せっかく体にいい油なのに、体に悪影響を与えてしまうことになりかねません。

どんな食材に含まれているか

オメガ6脂肪酸を含んでいる食材

オメガ6脂肪酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

代表的なものは、

  • サラダ油
  • べにばな油
  • ごま油
  • コーン油
  • マヨネーズ

などです。いつでも手軽に摂りいれることができる食材ばかりなので、不足するようなことはほとんどないでしょう。
ところが逆を言えば、摂りすぎている方が増えているのも現状なのです。
味付けの濃い料理を好む傾向が強まってきたこと、食事が欧米化してきたことが理由のひとつになっています。

 

なぜ欧米化の食事がNGなのか

オメガ6脂肪酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

まったく駄目というわけではありません。
洋食や中華などは、日本に無い独特の味付けや盛り付けで食欲をそそります。
香辛料がめぐりをサポートするなど、私たちの体にいいこともたくさんあるのです。

 

ところが長い歴史の中で和食を食べ続けてきた日本人の体は、やはり和食が合うように進化してきました。そのため欧米化の食事は、時に体に大きな負担をかけてしまうことが分かってきたのです。オメガ6脂肪酸を必要以上に取り入れてしまうことに注意しなければいけません。

なぜ摂りすぎがいけないのか

必要量を摂取していれば問題はありません。
しかし、過剰摂取を続けることで、カラダの思わぬ悪影響が出てしまうことがあるのです。

 

オメガ3脂肪酸はオメガ6脂肪酸と逆の働きをするので、日々摂取する脂のバランスを保ってくれます。
どちらも毎日適した摂取量を摂ることが健康への近道というわけです。

 

手軽に安心して摂取するために

オメガ6脂肪酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

ここまで話したことを必要以上に気にすることはありません。
もちろん無視していいことではありませんから、毎日の食事を見直すことは大切です。
もしも不安に感じた場合は、サプリを取り入れてみてはいかがでしょうか。
例えばサントリー「オメガエイド(機能性表示食品)」です。
こちらのサプリにはオメガ脂肪酸の

  • ARA(アラキドン酸)
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • EPA(エイコサペンタエン酸)

が含まれています。
体の中では作り出せない栄養素、不足しがちな栄養素をサントリー「オメガエイド(機能性表示食品)」なら手軽に摂取できます。
サプリなので必要以上に摂りすぎる心配が無いのは大助かりではないでしょうか。
毎日食事で補いきれない栄養素を、健康補助食品として助けてくれるのがサプリです。

 

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の関係性

どちらも欠かせない栄養素

DHA・EPAはそれぞれ、ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸と呼ばれている脂肪酸の一種です。
多くはイワシ、サンマ、アジなど青魚にたくさん含まれている栄養素なので、出来れば毎日の食事で補いたいところです。

 

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸は、どちらも多価不飽和脂肪酸の一種です。
オメガ6脂肪酸はリノール酸をたくさん含んでいて、オメガ3脂肪酸はDHA・EPAをたくさん含んでいます。

 

実はこの二つのバランスが取れているかどうかが、健康体に大きな影響を与えています。
どちらも私たちの体に必要な栄養素でありながら、

オメガ6脂肪酸は撮り過ぎ注意

オメガ3脂肪酸は積極的に摂りいれたほうがいい

と言われています。

 

過剰摂取するとどうなるの?

過剰な摂取を続けると体の中の栄養バランスが大きく乱れてしまうので注意が必要です。
ちなみにリノール酸は、体の中でアラキドン酸という栄養素に変化します。
こちらも必要不可欠な栄養素でありながら、摂りすぎると血栓の原因に繋がるため注意しましょう。
どんな食材でも同じことがいえますが、一日に必要な摂取量を超えて毎日摂り続けると体に大きな負担をかけてしまうということです。

 

注意が必要なトランス脂肪酸

脂肪酸の話には欠かせない話題です。
不飽和脂肪酸は体に必要な栄養素ですが、ここに分類されるのが科学的に加工することで誕生したトランス脂肪酸です。
海外では厳しい規制が敷かれているところもあり、体に弊害がある食材として広まってきました。
原材料として、

  • ショートニング
  • マーガリン
  • ファットスプレッド

などがあります。
またこれらを多く含む食品が
ケーキ、パン、カップラーメン、ドーナツ、ポテトチップスなどです。
お分かりのように、どれも一口食べてすぐに毒になるわけではありません。
ただし、毎日過剰に食べ続ければ体に悪いことはお分かりいただけるでしょう。

 

>>【厳選】青魚サプリおすすめランキングはこちらから<<