オメガ3脂肪酸とは! 毎日元気に過ごすために必要不可欠な栄養素

オメガ3脂肪酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

健康体を維持するため、目指すために多くの方の健康志向が高まってきました。
その中で普段の生活にサプリメントを摂り入れている方も多くなりました。

 

自分の体質や体調に合わせて選んでいる方も増えてきました。
ここではサプリの中でも特に注目度の高い「オメガ3脂肪酸」に関するお話をご紹介します。

オメガ3脂肪酸の役割

人間に必要な栄養素のひとつ

オメガ3脂肪酸というワードは知っているけれど、それが何を意味しているのか分からないという方はまだまだいます。
私たち人間の体で作られる栄養素と、作ることができない栄養素があります。
オメガ3脂肪酸は多価不飽和脂肪酸のひとつで、体内で作ることができません。
オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸で、毎日食事で補わなければいけません。
なぜこれほどまでにオメガ3脂肪酸が大切だと言われているのか気になるところでしょう。
オメガ3脂肪酸に分類されるDHA・EPA、まずはこの二つの働きを理解すれば、オメガ3脂肪酸の役割が見えてくるはずです

DHA・EPAの特徴

早速ですがDHA・EPA、この二つの働きについてお話します。

DHAの働き

まずDHAですが、こちらはご存知の方も多いですがドコサヘキサエン酸の略称です。
青魚のサラサラ成分と呼ばれ、『考える・覚える』力の維持や健康維持に重要な働きをしています。

 

仕事や勉強をバリバリ頑張りたい方から、生活習慣が気になる方まで、さまざまな方から期待されている成分です。

 

EPAの働き

もうひとつEPAですが、これはエイコサペンタエン酸の略称です。
DHAと同じく青魚のサラサラ成分であり、めぐりを維持する働きや前向きな気持ちをサポートしてくれます。

 

将来の健康や生活習慣が不安な方、憂うつさが気になる方に注目されています。

 

DHAとEPA、このふたつが含まれたオメガ3脂肪酸がいかに大切な栄養素か、お分かりいただけたでしょうか。

 

今の時代だからこそ不足しがち

実はこのオメガ3脂肪酸、今の現代人に不足していることが分かっています。
それは多くの日本人の食事が欧米化していることが原因のひとつになっているためです。
しかし決して欧米食が悪いわけではありません。
あくまでも日本人の体質に合う食事が減ってきていることが、栄養のバランスが乱れている理由になっていることを理解しておくといいでしょう。

 

オメガ3脂肪酸を多く含む食品

どんな食品に含まれているのか

オメガ3脂肪酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

毎日の食事を見直すことで、一歩ずつ健康体に近づくことができます。
オメガ3脂肪酸を多く含む食材の代表としていくつかご紹介します。

 

αリノレン酸という植物由来の油を含んだエゴマ油亜麻仁油のほか、マグロ、鯖、鰯などの魚に含まれる魚油にはDHA・EPAが含まれています。

 

DHA・EPAを含む魚類は積極的に摂り続けたいもののこれらを毎日摂り続けるのはなかなか大変です。
エゴマ油は一日に換算すると必要量が2g(小さじ1程度)と言われていますが、オメガ3脂肪酸は
酸化しやすいという特徴があるため、料理をして過熱すると栄養素が損なわれてしまいます。

 

オメガ3脂肪酸を手軽に摂取するために

オメガ3脂肪酸,DHA・EPA,サントリー「オメガエイド」

バランスの取れた食事を毎日取り続けることで健康体は維持できます。
しかし、毎日3食を意識することは簡単なことではありません。

 

そこで、手軽に不足しがちな栄養素を補うためにサプリを摂り入れている方が増えてきました。
オメガ3脂肪酸を摂るなら、サントリーの「オメガエイド(機能性表示食品)」をおすすめします。

 

なぜサントリー「オメガエイド(機能性表示食品)」をおすすめしたいのか、それはオメガ3脂肪酸のDHA・EPAだけでなく、オメガ6脂肪酸のアラキドン酸(ARA)も含まれているからです。
DHA・EPA・ARAを摂取しようと、それらを多く含む食材をたくさん食べると、コレステロールが気になることがあります。

 

サントリーの「オメガエイド(機能性表示食品)」ならそれを気にする必要がありません。
サプリは健康補助食品なので薬とは違い、毎日気軽に摂取できるのが大きなメリットです。

 

また、酸化しやすいオメガ3脂肪酸をサポートしてくれる成分も配合していて安心感があります。
オメガエイド(機能性表示食品)で、健康体を目指しませんか?

 

>>【厳選】青魚サプリおすすめランキングはこちらから<<