ダイエットや生活習慣病にも|青魚に多く含まれるEPAの特徴と働きとは?

青魚に多く含まれるEPAの特徴と働きとは?

最近注目のEPAという成分をご存知ですか。
EPA(エイコサペンタエン酸)はDHAと同様に、アジやイワシなどの青魚や旬の魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の一種です。

 

不飽和脂肪酸とは体内に吸収されても蓄積されにくく、すぐにエネルギーに変わりやすいことからダイエットサポートとして利用する方もいます。
そんな特徴のあるEPAには他にも様々な健康効果があります。

EPAの主な働き

動脈硬化予防に

青魚に多く含まれるEPAの特徴と働きとは?

その一つが生活習慣病である動脈硬化を予防する効果です。
動脈硬化とは血管が硬くなり、血栓が詰まりやすくなることで生じます。
EPAには血管を柔らかくすると同時に、血小板の働きである血液凝固を抑制する働きがあります。
そのため血流を良くして動脈硬化を防ぐことができます。

花粉症やアレルギー対策に

青魚に多く含まれるEPAの特徴と働きとは?

さらにEPAには花粉症やアレルギーの症状を改善する効果もあります。
花粉症やアレルギーは免疫機能の過剰反応によって起こる炎症です。
それにより目の充血や鼻水、くしゃみなどの症状が出るのです。
これらの炎症を抑制する働きがあるため、症状を緩和することができるのです。
>>鼻炎・鼻づまり対策でしたらこちらのサイトが参考になります。

血液サラサラに

青魚に多く含まれるEPAの特徴と働きとは?

そして血液中の中性脂肪を分解する作用もあるので、生活習慣病を予防する効果もあると言えます。
またそれにより血液をサラサラにすることができるので、血圧を下げる働きもあります。
>>血液サラサラ血液ドロドロの詳細はこちらのサイトが参考になります。

 

このようにEPAには血液をサラサラにして動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防する効果、そして花粉症やアレルギー症状を緩和する効果があります。

 

しかし、この栄養素は主に青魚に多く含まれているため、魚離れをしている現代では摂取しにくくなっている栄養素とも言えます。
健康のために魚から摂取するのもいいですが、なかなか魚が食べれないという方には飲みやすいサプリメントがおすすめです。

 

【きなり】 モンドセレクション最高金賞受賞
1,000人以上のモニターの声から生まれたに究極のDHAサプリ【きなり】
「きなり」ならサプリメントでDHA・EPAを500mg(4粒)しっかり摂れます!!
「きなり」のDHA・EPAは上質なので水溶性も高くしかも魚臭くないのも特徴です!
【安心の15日間返金保証】付き!なので試しやすいのも魅力です。

青魚に多く含まれるEPAの特徴と働きとは?

>>【厳選】青魚サプリおすすめランキングはこちらから<<